あかりぱぱの徒然なるままに

トイプードル「あかり」ちゃんのお父さんの日記。家族旅行や、散歩・ジョギング・ランニング、興味を持ち始めたカメラなどについて徒然なるままに記しています。

長い一日(2) 今半別館

R0012895

5月3日は、Food Festaのみならず、さらに「食べる」イベントが。

浅草雷門で待ち合わせ。

R0012897

この日は、会社の同僚家族3組で浅草に食事に来たのです。

まずは、仲見世通りをブラッと散歩。

R0012900

やっぱり、人形焼が人気。この店はおっちゃんの手作りで、そりゃ製造スピードも遅いのに多くの人が列を作っていました。ちなみに、小生の夢は東京マラソンで人形焼を食べること。夢は見る者だけに叶う。

R0012902

こういう雰囲気、いい。

R0012904

「たわしの店に行きたい」と嫁さん達が向かったのは「かなや刷子」。何となく味があって、見てると買いたくなる、特に体を洗うたわし。あれで背中ゴシゴシってやったらさぞ気持ちエエやろなぁ~、と。

R0013009

・・・で、結局買ったのは「馬毛歯ブラシ」。

R0013013

使ってみると、ナイロンの歯ブラシとはやっぱり違う感じがします。どう表現するモンか、上手い言葉が見つかりませんが、小生的には馬の味がしたような気がします。

R0012908

さて、仲見世通りも終盤、ここから向かった場所は、

R0012910

今半別館。

R0012911

向かうは、テーブル席の安愚楽亭では無く、文化財に登録されているお座敷のある方へ・・・。小生、昔、前職の先輩に米久に連れてってもらったことがあって、座敷で食べるすき焼きも雰囲気があっていいな、と思ったのです。

R0012915

そして、すき焼き。

R0012917

やっぱり、旨い! すき焼きは正直者、値段を実直に反映しますね、ホント。

横浜では牛鍋あらいや太田なわのれん(明治元年創業だから、今半より古い)にも行きましたが、やっぱり旨い肉は旨い! そして、今半別館は、味だけではなく、その建物・雰囲気も楽しめるという+αがありました。

R0012929

案内された部屋から、雪見障子をあげれば、中庭が。

R0012931

R0012950

R0012953

こういう装飾、昭和初期の建物までは(洋館も含め)結構凝ったものが多かったのですが、昨今ではこんなコストのかかることは誰もしなくなりましたね。でも、こういった装飾は、後の人々をも楽しませてくれる、そういう意味ではやっぱり貴重でなくしてはいけない文化です。鉄・ガラス・コンクリートの新建材が出来、風土と切り離した建物が可能となったと同時に、ビルから装飾も消えました。モダンな現代のオフィスビル等、20年後に見たらどんな印象かなぁ、と。

ま、ともあれ別館はそんな雰囲気も楽しめる場所でした。

R0012958

ネットでの評判は「接客が悪い」とのコメントが多かったのですが、小生達に給仕してくれた仲居さん(?)は、とってもカンジの良い人で、楽しい時間を提供してくれました。ありがとうございました、ごちそうさまでした。

R0012960

そんな浅草の夜は更けて。