あかりぱぱの徒然なるままに

トイプードル「あかり」ちゃんのお父さんの日記。家族旅行や、散歩・ジョギング・ランニング、興味を持ち始めたカメラなどについて徒然なるままに記しています。

日常からの逃避行~一人と一匹で行く八ヶ岳#3『あかりぱぱの犬宿探訪:八ヶ岳わんわんパラダイス』

旅行記のつづきです。)

 

 

 

 清泉寮を後にして、富士山を見ながら宿に向かっていたのですが…

よく考えたら、今回は夕食無しだった! 慌ててスーパーに向かいます。

 

 

長坂IC出口すぐのキララシティ。ここで惣菜などを買って夕食とします。

 

 

“早く帰ってきてね。”

うん、必要なものだけパッと買って帰ってくる。

 

 

・・・で、買い出しを終えて宿に到着です。

さぁ、犬宿レビュー、「犬宿探訪」を開始します!

 

あかりぱぱの犬宿探訪:

八ヶ岳わんわんパラダイス コンパクト1DKコテージ   

さて、今回のお宿もわんわんパラダイス。一人と一匹なので、コンパクトコテージを予約していました。夕食なし、朝食付きで1万円ちょっと。

お部屋の全体の雰囲気については、前回の「犬宿訪問」を参照してください。

 (タイトルは違いますが、以下の記事で書いています。)

akari-papa.hatenadiary.jp

 

 

今回は、各設備のご紹介。

 

お部屋には、キッチンがあり、電子レンジ・IHコンロのほかにも、炊飯器や食器などもあり、一通り自炊に必要なものはそろっています。

 

 

水回りは、リニューアルされていて、ユニット洗面台とウォシュレット付き便座があります。まぁ、ホテルのような雰囲気はありませんが、清潔感があるし良しとします(昔に比べたら凄く良いです)。

 

 

お風呂はユニットバスで、これも旅の趣は無いけど、使いやすくて良いですね。

 

 

このお部屋の難点は、テーブルが小さくものを置くスペースが少ないこと。

この小さなテーブルで食事からPC作業などを行います。

なので・・・

 

 

カメラやその他備品はベットの上に置くことに。

人間2人以上で、かつ荷物が平均的な旅行者より多い(犬連れ旅行者にはこの傾向が多いと思います、我が家も含めて)と自覚している場合は、コンパクトコテージより2DKコテージの方が良いかもしれません。

 

 

ただし、ロフトもあるので、これを活用できる人にとっては印象も(使い勝手も)変わるかも。でも、おっさんの私と、当然はしごなんて登れないあかりちゃんのコンビではこのロフトは無用の長物に。

 

まぁ、それでも一人と一匹の旅には十分です、安いし。

この日は早めに寝て、朝早くおきて、景色を撮りに出かけました。

わんわんパラダイスから、車でちょっと走れば撮影スポットがたくさんあります。

この日は、珍しく朝からあかりちゃんと元気にあちこち出かけたので、撮影記は別記事で後日アップしたいと思います。

 

※あさのお写歩の記事もアップしました! 

akari-papa.hatenadiary.jp

 

 

撮影を楽しみ、お宿に戻ったら朝食です。

朝食はバイキング形式。もちろん犬も同伴可です。

 

“でも、私は基本見ているだけなんだよね~。”

いやいや、今日はあかりの朝ごはんも頼んであげるよ!

(私一人の時はほとんど缶詰だから…)

 

 

“へ~、朝ごはんだ♪”

 

 

“クンクン、これは牛肉かな?”

 

 

“ねぇ、写真ばっかり撮っていないで! もう食べても良い?”

どうぞ!

 

そして、ゆっくり朝ごはんを食べたら…。

 

わんわんパラダイス内にある、「森のドッグラン」でひとっ走り!

 

 

“写真撮っていないで、早くボール投げて!”

 

 

ホレっ!

 

 

何度も何度もボール拾い。あかりちゃんは楽しんでいました。

 

 

「森のドッグラン」以外にも、アジリティガーデンなどもあり、走るの大好きワンコにとってはまさに「わんわんパラダイス」。あかりはこの日も二つのドッグランで走りました(まだ朝食食べたばかりなのに…)。

 

 

アジリティガーデンで遊び終わったら、お部屋に戻ります。

 

 

新しくなったフロント・レストラン棟を通り過ぎて…

 

 

今回のコンパクトコテージに到着。

この貸別荘風の宿泊施設が性に合うかどうかがポイントでしょうが、私は気兼ねなく過ごせるわんわんパラダイスが嫌いではありません。

 

寝て、食べて、走って。

いろいろ楽しんだわんわんパラダイスを後にして、旅は続きます。

 

 

(つづく)