あかりぱぱの徒然なるままに

トイプードル「あかり」ちゃんのお父さんの日記。家族旅行や、散歩・ジョギング・ランニング、興味を持ち始めたカメラなどについて徒然なるままに記しています。

カメラ雑感 ~ LAOWA 7.5㎜ f/2 Light Weight Version。建物撮りにもスナップにもおススメな感じ。

以前、購入しましたと記事を書いた、マイクロフォーサーズの超小型超広角レンズ、LAOWAの7.5㎜。

akari-papa.hatenadiary.jp

akari-papa.hatenadiary.jp

 

旅行の時の風景撮りと、物件調査や建物内部撮影等に使うのに、持ち運びが便利そう、と思って購入したのですが、意外といろんなシーンで使うようになっています。

 

想定していた、建物内部の写真を撮るのには、もちろん便利。大阪出張に持っていくのにも苦になりません。

お仕事させて頂いている大阪のシェアオフィスももうすぐオープン予定ですが、何故か私がWebサイトの写真とか撮りました(そういう仕事をしている訳ではありませんが、一度G9を持って行ったので、それで白羽の矢が立ったのかと思っています)。

 

f:id:AKARI_PAPA:20190615102215j:plain

LEICAの8-18とLAOWAで撮っているものが多いのですが、後半はLAOWAばっかりでした(持っていくのが楽だったので・・・)。

 

f:id:AKARI_PAPA:20190615102246j:plain

大阪市内でシェアオフィスを探している人は、是非チェックしてみてください!

yadorigi-myspace.com

 

・・・と、話が横道にそれましたが、予定通り仕事(建物・室内写真)にもバッチリ活用できていました。

 

そして、ちょっと想定外だったのが、スナップショット。超広角は、スナップショットには不向きな画角かと思っていたのですが、最近の出張の際、(上述の様な理由で)LAOWAのレンズを持ち歩いてることが多かったので、それでパシャパシャと撮っていたら意外と楽しかったのです。

大体が、ピントを無限遠に合わせて、F5-8ぐらいの範囲に設定したら、あとは「写ルンです」の様にただパシャパシャとシャッターを切る感じ。でも、画角が広いので、意外と街で使うとダイナミックな感じが出て、撮っていて面白いです。

 

もちろん、風景写真には適した画角です。標準域の画角のレンズをセットしたカメラに、サブでLAOWAをセットしたカメラを持って出かける分には重くないし、苦にならない。それでいて、サイズの割には結構描写はシャープな感じで満足です。


蓼科、車山。やっぱりこういう時には広角レンズ持っていきたいですもんね。


旅行では本当に景色を収めるのには便利でした。

 

実家そばの宇治散歩でも活躍しています。

風景から、日常散歩まで、意外と使えるというか、使ってみると面白い画角だと再確認しました。ただ、この画角一本だけもって出かけるのはチョット不安・・・と思いますが、何せレンズ自体が軽い(145g)ので、他の画角の単焦点やズームと一緒に持ち出しても荷物になることはありません。GM5と組み合わせたら、このサイズ。


2台持ちでも、あまり苦にはなりません(というか、レンズ交換する手間を考えるとGM5にくっつけておいた方が楽です)。

前回・前々回エントリもLAOWAでのスナップショットだったのですが、使っていた楽しかったので、今回こんな記事を書いてみました。

akari-papa.hatenadiary.jp

akari-papa.hatenadiary.jp

 

LEICA8-18も持っているので購入を迷っていた自分ですが、今では結構本気でおススメ出来るお気に入りのレンズです。 

Light Weight VersionのBlackはもうアマゾンでは売っていないのでしょうか、今日(6月15日)現在では、アマゾンでは見つからなかったです(探し方が悪いだけかもしれませんが・・・😅)。

通常のヤツはBlackも売っていますね。こちらはLight Weight Versionより約二千円ほどお安いです。そして、ノーマルVersionでも十分軽い170g。

 

その軽さを武器に、旅行に、仕事に、散歩にと、何時もお供に出来る万能選手なレンズとして、まだまだ活用していきたいと思います。

 

 

(つづく)