あかりぱぱの徒然なるままに

トイプードル「あかり」ちゃんのお父さんの日記。家族旅行や、散歩・ジョギング・ランニング、カメラなどについて徒然なるままに記しています。

カメラ雑感:2019年カメラ関連購入履歴を振り返る【まとめ】

先日のブログでカメラ関連の購入履歴を振り返りながら2019年を振り返りましたが、振り返り過ぎて?写真沢山のだらだら記事になってしまいました。

akari-papa.hatenadiary.jp

akari-papa.hatenadiary.jp

それで、改めてカメラに絞って購入履歴をまとめてみました。

 

1.LEICA DG SUMMILUX 12mm / F1.4 ASPH.

SIGMA製とのうわさもあった、LEICAの12mm。
やはり晴天の自然風景等を撮ると抜群なのですが、それでも街中のスナップショットなどでも活躍します。MFTの中ではチョット重い部類なので、持ち出し頻度は正直少ないですが、これとGX7mk3だけでお出かけしたりすると、これはこれで楽しいのです。

 

 

2.Hazard4 Freelance


日本ではドマイナーなカメラバッグ。ミリタリー寄りのデザインが好き嫌いを分けますが、それなりに実用的なワンショルダーのカメラバッグとみると貴重な存在です。

山であかりちゃんと一緒に走り回ったりするときには、ワンショルダーとは言え身体にピッタリとくっつくので、アクティブに動く人にはピッタリのカメラバッグ。

ただ、街中での使用には、ややデザイン的に・・・。という訳で、使用頻度は正直低いです。

 

 

3. 2.0x テレコンバーター DMW-TC20

パナソニック デジタルカメラ交換レンズ用テレコンバーター DMW-TC20

パナソニック デジタルカメラ交換レンズ用テレコンバーター DMW-TC20

  • 発売日: 2018/02/28
  • メディア: エレクトロニクス
 

その名の通りのテレコンバーター。でも装着することによる画質低下やAF速度の低下等も(少なくとも私レベルでは)気になりません。換算800mmを手持ちで振り回せるマイクロフォーサーズならではの世界に誘ってくれます。ただ、(野鳥や飛行機を撮るのなら別なのでしょうけど)私自身が基本スナップシューターなので、当然使用頻度は低いですね。

本当は富士山撮りたかったんですけどね・・・。

 

 

4. 本革ボディケース LUMIX DMW-CGBM

アマゾンとかのレビューで、「ねじが底部から出っ張っていて不便」というレビューが沢山あるのを承知で買って、正にその通りと感じた一品。かっこは悪くないのですが、正直使い難くてほぼお蔵入り。

 

 

5. Laowa 7.5mm f/2 MFT

2019年購入のレンズで、2番目にお気に入りのレンズ。写りはLeicaの12mmの方が断然良いですが、換算15mmの超広角画角、F2.0の明るさ、そして145g(だったかな?)という軽さと、マイクロフォーサーズの恩恵を感じさせてくれる超便利レンズ。お仕事がら建物内部等の記録用写真から、風景写真までバッチリ活用できるレンズです。

 

 

6. Peak Design Everyday Sling 5L

本当に、カメラ一つと、お財布・携帯・小物等だけで気楽に散歩したい時・・・と言うか、カメラがメインじゃない時。あ、私は殆ど「カメラがメインじゃない」お出かけしかしないのではありますが…。いわゆる、買い物(スーパーやアウトレット)に行く際に、映画に行く際に、散髪に行く際に、と写真撮影なんてするかしないか分からない、だけどカメラは持っていきたい、というお出かけにピッタリ。

結構、使用頻度は高いですね。

 

 

7. 中一光学 SPEEDMASTER 25mm F0.95

F0.95 という明るさ命のレンズ。ボケないボケないと言われるMFTでも、(ちょっとザワつくけど)大いなるボケの世界を見せてくれるレンズでした。

でも、25mmは個人的には風景じゃなく、スナップ画角。そうすると、やっぱりマニュアルフォーカスなので、日常の一瞬を切り撮るには適していないんですよね。Leicaの25mm購入資金となるべく、年度内に売却されてしまいました。今思えば、もったいない、売らなきゃ良かった…。



 

 

8. M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

OLYMPUS 単焦点レンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8 ブラック
 

冬の多摩川散歩だと、もう真っ暗。そんな中でも明るくて望遠のレンズがあればあかりちゃんが撮れるかと思って買いました。…が、望遠ってことはあかりちゃんの走っている姿も捉えずらく、被写体ブレ量産…。そんなこんなで、使用頻度は高くないのですが、良いレンズであることは間違いが無い。売らずに取ってあるレンズの一つです。

 

 

 9. DMC-GM1S

勢いで買ってしまったカメラ。GM5と2台セットで持ち歩こうかと思いましたが、そうすると実際はGX7を選択するんですよね…。GM5があったら要らなかった一台かな、とは思うものの、これだけ高品質な極小ボディのカメラはもう発売されないカモ…と思うと買わずには要られなかった一台。GM5とともに、ずーっと持ち続ける(撮影しなくても記念に置いておく)マイクロフォーサーズの金字塔的カメラ。

 

 

10. LUMIX G MACRO 30mm / F2.8 ASPH. / MEGA O.I.S.

購入動機も忘れてしまうぐらい、使用していないレンズ。勿体なさ過ぎですが、よくよく考えるとスナップシューターな私がどこでマクロ使うんだろう、と「そんなの買う前からわかるだろ」的な疑問を持ってしまう。でもマクロレンズってこれしかないので、心に余裕が出てきたらこれも試したいと思います。

 

11. LEICA DG SUMMILUX 25mm / F1.4 II ASPH.

今年一番のお気に入りレンズ。画角も時に窮屈に感じることもあるけど、一本持ってお写歩となったら、今では必ずこのレンズ、という程のお気に入り。性能云々では色々あるのでしょうが、何となく出てくる画が好きですし、何よりこのサイズなので、本当に気軽に持ちだせる。下半期の稼働率No.1レンズですね。

 

 

 12. ハンドグリップ HG-GX9

ハンドグリップ、というものが好きなのかも…。

GX7用に二つも持っています。こちらは純正と違い、ハンドグリップをつけたままメモリーカードとバッテリーの取り出しが可能。まだ純正のハンドグリップを持っておらず、且つ望遠(50-200とか)を使用する予定が無いなら、純正よりおススメです。

 

 

13. Nissin DIGITAL Air10S + i60A 

来年の目標は、ストロボを使える様になること!

はい、まだ今年は一度も使っていません…。

 

 

14. ハンドグリップ DMW-HGR1-S

ハンドグリップ好きの私が、GM5を購入していた時から欲しい欲しいと思っていたグリップ。やっぱりGMシリーズにはバッチリ合います。

 

 

…と、振り返ると14個ものカメラ関連グッズを買っていました。

その割には、良い写真は少なかったかな…。

 

ともあれ、来年はどうなるのでしょうか?

2020年はどんな風に楽しむのか、今から楽しみです。

(無駄遣いを反省していない? いやいや、ちゃんと反省していますよ。そうして、チャント認識したうえで、何かを買っちゃうんでしょうか、自分。それが楽しみです。)

 

 

 

(つづく)