あかりぱぱの徒然なるままに

トイプードル「あかり」ちゃんのお父さんの日記。家族旅行や、散歩・ジョギング・ランニング、興味を持ち始めたカメラなどについて徒然なるままに記しています。

スナップショット投稿@残業中

https://www.instagram.com/p/BsoeGIUlW4e/

Chasing........#あかり #akari #lumixg9 #leicadgvarioelmarit50_200 #自然が好き #tamagawa #多摩川 #lumix #ChangingPhotography #LumixAndMe #lumixlife #wherelumixgoes #toypoodle #toypoodles #doglover #all_dog_japan #east_dog_japan #といぷーどる #トイプードル #でかぷー

 

日曜日の夕方、あかりを多摩川に連れて散歩に行きました。冬の夕方散歩は(暗いので)写真を撮るには(特に動き回るあかりちゃんを撮るには)向いていないので、普段はカメラを持っていかなかったのですが、この日は何故か持っていきました。

…で、上の写真、ハッシュタグにはLeicaの50‐200(望遠ズーム)と間違って書いているのですが、実際には安いLumixの42.5㎜単焦点で撮っていました。単焦点、F1.7なので結構夕方の薄明かりでも頑張ってくれますね。

 

なんて、残業中の息抜きがてらにInstagramの写真をブログに投稿。おかしいなぁ、1月から少し楽になるかと思っていたのですが、この有様です。

 

振り返れば3連休中に投稿していなかったのですが、3日間とある物欲と戦っていました。カメラ買わないと決めたら決めたで、色々別のものが欲しくなるとは…。そのあたりはまた別に投稿してみたいと思います。

 

 

(つづく)

スナップショット@夜の散歩

日が少しずつ長くなっている気がしますが、それでも今日の様な曇り空の5時半ごろ散歩すると真っ暗です。

まるで夜に散歩している様。

そんな暗い道を歩く散歩でも、週末に家族全員で行く散歩はあかりにとっても楽しいようです。

 

(つづく)

カメラ雑感#14 - Micro Four Thirds is NOT dead!

7日より仕事が始まり、会社でお参りに行ったり簡単な新年会をしたのも束の間、早速出張中です。

そんななか、酔ってホテルでネットを見ていたら、久しぶりにカメラ関係でびっくりするニュースがありました。
なんと、CES(Consumer Electronics Show) 2019でシャープが8Kマイクロフォーサーズ(マウント)カメラを発表していたんです。

シャープ謹製?マイクロフォーサーズ8Kカメラ!

www.43rumors.com

 


FIRST 8K AFFORDABLE CAMERA!!! CES 2019

まさか、シャープからM43のカメラが出てくるとは思ってもいませんでしたし、それも初の現実的価格(50万円以下って、そうかな?)8K動画対応民生機になりそうな製品がM43で実現される、というのが驚きです!

LUMIXのフルサイズ機やOLYMPUSの新型等がこれから春にかけ賑わしてくれるのでしょうけど、このSHARPの新型機は、ある意味M43横綱2社が昨年末から提供している話題並(若しくはそれ以上)に新鮮な驚きを与えてくれました。

Panasonicは難しいと言っちゃってた・・・

以前、43 rumorsにこんな記事がありました。

www.l-rumors.com

2) There are some physical limitations with MFT that Panasonic wants to overcome with Full Frame. Panasonic had no doubt that theyr would arrive in full format one day or another, because technically speaking the 8K on Micro 4/3 is complicated, if not impossible.
(前略)マイクロフォーサーズで8Kをやるのは、仮に不可能で無いとしても、技術的にすごく困難(複雑)なの。

 

 ・・・って、シャープやってまうやん! どうすんのパナソニック?という状況です。

まぁ、まだSHARPのカメラについて具体的なことは言えないのですが…。

しかし、フルサイズを発表したPanasonicからのコメントに「マイクロフォーサーズではXXXXX」とM43に対しネガティブに捉えられる発言も散見されるのにはちょっと残念な気持ちだったので、良いカウンターになったんじゃないかと思います。

M43で3,000万画素の時代に?

シャープの製品はファインダーもなさそうですし、カメラというよりはビデオCAMという感じに見えるので、個人的には購入意欲はソソられません。でも、M43フォーマットに新しいプレーヤーが増えることは良いことだと思いますし(それがM43の強みだし)、それこそ「家電屋」と言われたパナソニックが非常に操作性に優れた良いカメラをつくるかの如く、新しいプレーヤーが新しい視点で開発したM43機器・技術がまだ出てくることは非常に嬉しいと思います。

なんてったって、8Kということは3,000万画素以上になりますからね。
色々と詳しい情報が出てきたら、色々と議論を呼びそうなSHARPの新カメラ。また一つ楽しみが増えました。

 

"Stay Tuned!”

 

 

(つづく)

 

 

 

ジェリクルキャッツ! CATSを見てきました(酔って書き)

本日は劇団四季のCATSを見に行きました。
場所は大井町です。

 


もともと劇団四季の劇場が大井町にありましたが、その横にCATSシアターができていたのですね。

 



劇場に向かいます。「猫の目、瞳孔が人なんだよね~」等と言う人々の声が聞こえます。

 


本日の出演者リスト、みんな写真を撮っています。ちゃんとリストは紙で配っているんですけどね、やっぱり撮ります。

 


さぁ、劇場の中に入ります。実はCATSは二回目、20代のころに大阪で一度見ていますが、今回はどんな感じにでしょうか。ここから、中は撮影禁止。

www.shiki.jp

 

2回目でしたが、やっぱりストーリーは良くわかりませんでした。
最後の辺りで、「猫は犬に非ず!」というセリフが繰り返されます。まぁ、犬も「犬も猫に非ず!」と言ったことでしょう。

でも、楽しかったですよ。劇団四季メンバーの奥さんは、終了後劇団四季からメールで出演者リスト等が送られてきていました。凄い、劇団四季

 

 


大井町で蕎麦を食べて、電車に乗ってお家に帰りました。
我が家のジェリクルドッグ、あかりちゃんに会いに早く帰ります。

 

ジェリクルドッグのお出迎えです!

 


“お帰りワン~ ♪ ”

 

“ふぁ~、待ちくたびれたワン”

 


“面白かったワンか?”
うん、でも意味わからんかったよ。


後は、酔ったぱぱワンに写真を撮られまくるジェリクルドッグのあかりちゃん。


“酔っぱらいは迷惑だワン!”

スイマセン…。

 

 

 

 

(つづく)

カメラ雑感#13 今年はLUMIXで行きます。GM5、G9、GX7MK3

去年はカメラを買いすぎた?

ふと去年買ったカメラをカウントしましたら、自分でも驚きの結果になっていました。

 

買ったカメラ

 

売ったカメラ

…5台購入して4台売却、結果的に手元の総台数は1台増ということですが、それにしても入れ替わりが激しいです。それだけ、自分でも色々迷っていたというか、何が自分が求めているのかとか、何が必要かとかがわかっていなかったのでしょうか。良く、カメラや関連商品をどんどん購入していくことを「沼にはまる」といいますが、まさにそんな感じでした。

とはいえ、ここまで購入台数が多いのは、やはり「カメラを下取りに出す」という禁断の果実の味を知ってしまったからだと思います。カメラもレンズも、結構いい値段で売れるんですね…、と思ったのが沼への入り口。特に、G9購入時の各種キャンペーンは沼へと誘われるのには十分でした。特に、購入したフジヤカメラでは凄かった! あれ以来マッ〇カメラよりフジヤカメラばかり利用しています。

www.fujiya-camera.co.jp

 

今年も色々新型が出てきます。

去年は、フォトキナ前の盛り上がりで、色々ニュース・噂を追っかけているウチにだんだんと新しいカメラが欲しくなって、そんな気持ちをブログに書いていたら更に気持ちが高まってしまって⇒購入、というパターンが多かった。その流れはまだ続いているし、今年はOlympusが100周年記念で次々と新型を出すのではないかと思われます。OM-D E-X1は既にティーザーも始まっているようですし。

www.43rumors.com

個人的にはE-M1Xより、もっと小型の新型、E-M1 Mark3みたいなのに興味がありますが。

 

もちろん、LUMIXからもフルサイズの新型が登場予定です。

panasonic.jp

今年は、手持ちのLUMIXで行こう!

しかし、G9を購入して、それまでに心にあった「やっぱりフルサイズが、やっぱりオリンパスが」という、他人の芝が青く見えることがめっきり減りました。G9で、ある程度納得出来る感じがしましたし、ある程度自分が求めているものがわかった気がします。

なので、今年は機材の入れ替えはせず、手元にあるLumix機を活用し、カメラ本体を色々試すのではなく、写真を撮った後の「現像」することを試してみようかと思いました。

そして、今まで新型機や他機種のうわさやニュースに関する雑感を徒然と書き綴っていると購入意欲が高まりましたので、逆に今の機材について今後雑感を書いてみたいと思っています。腕も知識もないので、「レビュー」という訳にはいきませんが、とりあえず自分なりの使用感を一度まとめてみるのもアリかと。愛着もわくかと。…いつ書くのか、書けるのか、わかりませんが。

 

現在の手元のカメラ

Panasonic DMC-GM5

もっとも古株で、これだけは買い替えの波に巻き込まれずに、手元にあり続けた一台です。やはり、このコンパクトさでレンズ交換式となると、他にはNIKON 1が思いつきますが、あれはもはやディスコンですし…。って、GM5もディスコンでしたね。でもM43フォーマットそのものは現役ですので、まだまだGM5も現役ということで。機能的には手持ちの他のカメラに勝るところはありませんが、サイズに由来する「撮るチャンス」が多い、ある意味究極のスナップシューターのカメラでは無いでしょうか。

 

Panasonic DC-G9

カメラにあれこれ悩んでいた私をM43フォーマットに踏みとどまらせた一台。マイクロフォーサーズのポテンシャルと、自分の求める機材の大きさの限界を教えてくれた一台でもあります。

今までのLUMIX機の延長線上にありながらも、明らかに絵の出方が変わったと感じたG9。自分としては立体感・奥行といったものが感じられ、今の自分にはもう十二分だと思っています。あと、サイズも今の自分には十二分、というか限界値。これより本体が重いと、極端に持ち出し頻度が下がりそうです。この経験から、自分には(レンズもでかくなる)フルサイズは持て余すな、と思ったのも事実。

 

 

Panasonic DC-GX7MK3

去年、一番最後に買った(入替えた)カメラ。やはりマイクロフォーサーズは、このGX7やOM-D E-M5ぐらいのサイズ感が使いやすいと思っていまして、G9のサブとして購入しました。もともとその立ち位置はOM-D E-M5 MK2が担っていたのですが、操作性を統一したいと思うようになったのと、後は何となく絵に違和感があったので入れ替えとなりました。

購入前に不安だったのは、露出補正(専用)ダイヤル。これ、GX8の時にもあって、見た目はかっこ良かったんですが、すっごく使いにくかったんですよね。

f:id:AKARI_PAPA:20190103225513j:image

ただ、結論としては別売りのハンドグリップをつけると、このダイヤルが親指で回せるようになって、今は有効な一つのコントロールダイヤルになりました。GX8と違ってダイヤルが一番右側にあるので、グリップさえあれば親指で回転させる事が比較的容易になっています。

 

さあ、今年はこの3台で

以上の3機種が今の手元のカメラでして、今年はこの3台とスナップショットを楽しんでいきたいと思います。GM5は既に愛着がありますし、他の2台もいい感じ、フィーリングが合っていますので、そのあたりの使用感等については、いつか別のエントリーで書いてみたいと思います。

 

さあ、今年はこの3台で写真を、スナップショットを楽しむぞ!

 

 

 

(年末に何と言っているかは、今はわからず。未来につづく)

 

 

スナップショット@弾丸帰省ツアー

弾丸帰省ツアー

私は実家が京都(宇治)、奥さんが兵庫(宝塚)、ということで年末年始には双方の実家に帰ります。その際に避けたいのが「渋滞」。まぁ電車で帰れば良いのでしょうが、我が家にはあかりちゃんがいますし、あかりちゃんグッズも運ぶとなるとやっぱり車になってしまいます。

何故弾丸ツアーなのか

試しに目黒区役所から宝塚市役所までの時間を調べますと、車で約5時間半とのこと。しかし実際にはあかりちゃんのトイレ休憩等がありますので8時間ぐらいかかります。それも、あくまで”渋滞ナシ”が前提です。

渋滞すると、8時間なんかじゃすまないです。特に関西に行くには雪の名所である滋賀県を通過しなければなりません。昔、大雪が降った際には17時間ぐらいかかりました。

 

その為、渋滞を避ける為に考え出したのが次の日程です;

  • 行き(東京→京都)12月31日 日中(だいたい10時発18時着)
  • 帰り(兵庫→東京)1月2日 早朝(朝3時出発で大体9時ぐらい着)

最近の経験則から、この行程だと渋滞にハマることはほぼありませんが、そのかわりにそれぞれの実家で過ごす時間は12時間ぐらい。まさに弾丸です。
本当はもっとゆっくりしたいのですが、3日や4日の早朝でも渋滞を避けられるのか自信が無いので、この様な弾丸スケジュールとなっております。
(関西⇔関東間を車で帰省される方、渋滞回避の秘訣等ありましたらご教示ください<m(__)m>)

 

持って行ったカメラ

普段の旅行だとG9をメインにして、サブ機とレンズも予備をいくつか持っていくのですが、如何せん弾丸ツアーなのでそんな写真のんびり撮ってる暇はなかろう、という判断でGX7MK3にLeicaの標準ズームをメインに、一応GM5に20㎜というシンプルな構成にしました。

 

スナップショット@弾丸ツアー

そんな弾丸ツアーでもスナップショットを楽しみました。

新東名の浜松SAにあった、モニュメント。

 

モニュメントの詳細を見ることなく、ただ写真を撮っていました。後日調べればわかるだろうと思っていたのですが、あまりこのモニュメントについては記述されているWebサイトが無いですね…。

 


“写真撮ってないで、ドッグランは行かないの?”
最近はSA・PAでもドッグランのあるところが多いですね。

NEOPASA浜松下り | サービスエリア・お買物 | 高速道路・高速情報はNEXCO 中日本

 

京都 宇治

さて、京都(宇治)の実家でお正月を迎えます。

“アタチは食べれないヤツね~”
昨日 年越し蕎麦は食べたやん。

 

縁起物を一通り食べたら、初詣へ。

 

途中、何やら鳥小屋が。

 

鵜飼の鵜達が居ました。

 

“ようこそ宇治へ。ワッサワッサ。” この鵜は非常にサービス精神が旺盛で、前に近づくと羽を広げてワッサワッサと歓迎してくれます(? 威嚇している?)。

www.city.uji.kyoto.jp

 

平等院側から宇治川を渡り、宇治神社、そして世界遺産となった宇治上神社へと向かいます。

 


宇治神社

 


宇治上神社

世界遺産(世界文化遺産) 宇治上神社/京都府ホームページ

 

そのあとは、平等院を散歩です。


“初めて中に入ったワン ♪” 境内はワンコOKなんです。

www.byodoin.or.jp


平等院を後にして、次は兵庫に向かいます。

 

兵庫 宝塚

奥さんの実家にいくまえに、奥さんのリクエストで近所の宝塚歌劇に寄り道です。
最近ハマっているそうで、どれぐらいお金がかかるのかチョット怖いです。

kageki.hankyu.co.jp


奥さんはグッズショップを見に行くとのことで、あかりと私は外で待ちます。

 


“これ、面白いの?” うーん、パパワンは見たことないからなぁ。

歌劇の前には、色々な銅像が。



宝塚歌劇の、その名の通り本拠地である宝塚。しかし、宝塚ファンは、ここに来ることを「村に行く」というそうです。田舎だから? 普通だったら「聖地」とか言いそうなもんなんですけどねぇ。

 


しかし! そんな本拠地には『づか乙女』があるじゃないか!
まったく知りませんし、中も入った事はありませんが、このネーミングにはヤられました! 『づか乙女』! 良いじゃないですか、何となく。

宝塚花のみち商店会 〜 宝塚つるや

 

あっと言う間に東京へ

奥さんの実家で時を過ごし、朝の三時半には車に乗って東京に帰りました。

そんな、まさに“弾丸ツアー”な今回の帰省、その記憶のスナップショットでした。

 

おかげで渋滞にはハマりませんでしたが、来年は、もっとゆっくりと過ごしたいと思います。もっとゆっくり滞在して、且つ渋滞を避けて帰れる方法考えなきゃ…。

 

 

(つづく)

 

全ての南部煎餅好きに…

南部煎餅好きですか?

私は大好きです。

f:id:AKARI_PAPA:20190102202526j:image
そして、普段は大それた事はしない私ですが、新年2日目にして大発見をしてしまいました。

 

南部煎餅に新しい風が吹きます。これは、ちょっと湿気った南部煎餅をも甦らせます。
f:id:AKARI_PAPA:20190102202532j:image
ホットプレートで南部煎餅と卵を焼きます。


f:id:AKARI_PAPA:20190102202538j:image
卵焼きを、南部煎餅の裏側に乗せます。裏に乗せると窪みにジャストフィットです。


f:id:AKARI_PAPA:20190102202542j:image
仕上げに辛子マヨネーズをトッピング。これ、激ウマです?、!


f:id:AKARI_PAPA:20190102202535j:image
お次は、昔一世を風靡した食べるラー油です。


f:id:AKARI_PAPA:20190102202529j:image
これを南部煎餅にトッピング。


f:id:AKARI_PAPA:20190102202522j:image
これも激ウマです!
おせちに飽きたら、是非トライしてみて下さい。とってもお安くて、でも美味い!

 

 

 

(つづく)