あかりぱぱの徒然なるままに

トイプードル「あかり」ちゃんのお父さんの日記。家族旅行や、散歩・ジョギング・ランニング、カメラなどについて徒然なるままに記しています。

不動産と広角レンズ

先日は、仕事で神戸の旧居留地にあるビルを見てきました。

 

元々は銀行として使われていた建物ですが、その後はレストラン等として利用されていて、今はその区画が空室となっています。

 

古い建物って、やっぱり味がありますね。この1階の空間は凄く雰囲気がありました。

 

・・・で、これって記録用の写真なので、ある程度部屋全体が写っていることが望ましいのです。が、標準画角ではどうしても部屋全体が入りきらないケースが多いんです。

 

狭い部屋は、間口が狭いことが多いので、これはこれで広角のレンズが必要になります。

 

だから、建築や不動産の仕事している人は、広角レンズを持っている人が多いのではないでしょうか。私も(今回外観は載せていませんが)建物の外観や室内を記録として撮るために広角レンズを購入しています(今回すべて撮って出しの写真で補正等はしていません)。

 

全体的に味のある建物でした。このような近代建築は、是非このまま残しながら活用していってもらいたいですね。

 

さて、広角レンズですが、私が持っているのは

LEICAの広角ズームで、広角単が8㎜(35㎜換算で16㎜)のものと、

 


LAOWAの7.5㎜(換算15㎜)です。

 

旅行とかで、風景を撮りたい時はLEICAを持ち出しますが、仕事で記録するにはMFでパンフォーカスでパシャパシャ撮るだけでOKですからLAOWAを持ち出すようになりました。GM5とセットだと、缶ジュース一本分ぐらいの重量なので、まったく持ち運びが苦になりません。

出張では、GM1とGM5をセットにして、一台は遊びのスナップショット用、LAOWAをつけた1台は仕事の記録用として使うという、GM1購入当初の目論見は見事成功している様です(と自己満足)。

 

akari-papa.hatenadiary.jp

GM1とGM5の2台でもGX7(MK3)の本体重量以下なので、レンズ交換が面倒くさい私にはピッタリの組み合わせかもしれません。

 

 

(つづく)