あかりぱぱの徒然なるままに

トイプードル「あかり」ちゃんのお父さんの日記。家族旅行や、散歩・ジョギング・ランニング、カメラなどについて徒然なるままに記しています。

宝塚へ

 

奥さんが抽選?で当たったチケットがあったので、久しぶりに宝塚歌劇を見てきました。

 

 

演目は『めぐり会いは再び next generation-真夜中の依頼人(ミッドナイト・ガールフレンド)-』

 

宝塚歌劇のWEBサイトより)

王都マルクト。オルゴン伯爵の次男ルーチェ・ド・オルゴンは、大学卒業後も定職に就かず、友人レグルスが立ち上げた弱小探偵事務所の手伝いをして暮らしていた。ガールフレンドのアンジェリークとの関係も順調とは言えず、アンジェリークには実家から縁談の話も舞い込む始末。そんなある日、事務所に奇妙な依頼人が現れ、王家に代々伝わる秘宝“一角獣の聖杯”を守って欲しいと頼まれる。捜査に乗り出したルーチェは、いつしか王都を揺るがす争いに巻き込まれて行くこととなる。果たしてルーチェは“一角獣の聖杯”とアンジェリークの愛を手に入れ、さらには王都に平和を取り戻すことが出来るのか!?(宝塚歌劇のWEBサイトより)

 

久しぶりの宝塚歌劇は、自分が一番よく知っている星組の公演で、楽しめました。
奥さん曰く、あまり今回は評判が良くないようですが、星組らしく明るくコミカルで、そこに全体のレベルが上がった歌と踊りも加えて、良い公演だと思いました。

 

男性1人で行くのは抵抗があるかな・・・と思っていましたが、そんなことは無く、「男性1人客」というのも沢山来ていましたよ。劇団四季に一人で行くような人は(男性も含めて)是非、宝塚歌劇も見てみてください。きっと楽しめると思います。

 

宝塚に憧れた人から良く「色々あっても、宝塚に行くと、公演中は夢の世界に連れてってもらえる」みたいな言葉を聞きますが、今回はその意味と言うか感じが良く分かりました。最近仕事で色々と悩み多い中、宝塚歌劇を見ている間は、その華やかな世界に浸ることで、現実を忘れることが出来ました。

 

 

 

当然、終われば現実の世界に戻っていくのですが、少し力をもらって、何とか頑張ろうと思いました。

 

kageki.hankyu.co.jp