あかりぱぱの徒然なるままに

トイプードル「あかり」ちゃんのお父さんの日記。家族旅行や、散歩・ジョギング・ランニング、カメラなどについて徒然なるままに記しています。

SONY α9iiと妄想と私


今週は疲れました。

 


正直、「それを言っちゃ~おしめぇよ」って感じのセリフを聞きましたね。

 


まぁ、世の中とはそんなものなのかもしれません。

 


ここは、こちらからもハッキリ物を言うべきか、言ったところで改善しないだろう(そして、逆に気分を害すだけだろう)、と何もしないべきか。しょせん、どこまで行っても雇われ人である以上は、こういうことがあるのでしょう。

 

なんて感じで帰宅して、(…と言っても関西にまだいますが)眠れない夜をネットで徘徊していたら。

www.sonyalpharumors.com

なんと、α9ii のリーク写真がRumorsに出てましたね!

MFTユーザーの私が、αが気になる理由、それはズバリ『動物瞳認識』。これであかりちゃんを撮ったら、凄いの撮れるのかしら…。

そんな機能を持つαシリーズの、動体特化モデル?であるα9は気になるのですが、何よりも最近のカメラ噂ニュースで心躍らせてくれるこの一文があったから、余計に気になります。

 

– The big improvements are INSIDE the camera with a very new generation Sony sensor and improved autofocus

 

 新しいセンサー、新しい『世代』のセンサー。

私はプロでは無いし、いやプロどころかアマチュアの中でも低レベル。だから、連射速度とか各種機能の進化というか、改善にはそれほど興味がないんです、だったG9ですら使いこなせていない訳ですから。

 

でも、センサーそのものが変わるって、根本的な要素が変わるってこと?

そう思えるから夢があるし、興味が湧いてしまうのです。

 

まぁ、今回オーガニックセンサーとかではないでしょうけど、この間の一発HDRなセンサーとかだったらチョット面白いですよね

www.sonyalpharumors.com


まぁ、センサー性能がどんどん良くなれば、一番恩恵を受けるマウントはやっぱりMFTだとは思います。高感度とDRが技術的に小さいセンサーサイズでも十分に得れるようになれば、やっぱりMFTが一番良いバランスになりそう。

 

昔の携帯と今のスマホの写真、段違いですもんね。

センサーサイズ間の性能差は、(絶対的にな無くならないけど)どんどん小さくなっていくと思うので、そうなるとどこがベストバランスか?という議論はもう一度出てくるハズ。

 

とはいえ、今の時点で、新しいα9は魅力的なものになりそう。そうなると、果たしてLeicaQ2の情緒と、先進技術のα9と、いやぁ、どっちが良いんだろう。どっちもレンズ込みだと同じぐらいの値段になりそう(新型α9はボディ50万越えぐらいスタートでしょうか)。 うん? どっちも買えない値段だな(笑)

 

…ともあれ、ちょっとした妄想を掻き立てるには十分のうわさでした。

 

 

はぁ、週末ぐらいはノンビリ気楽に行こ。

 

 

 

(つづく)