あかりぱぱの徒然なるままに

トイプードル「あかり」ちゃんのお父さんの日記。家族旅行や、散歩・ジョギング・ランニング、興味を持ち始めたカメラなどについて徒然なるままに記しています。

カメラ雑感#14 - Micro Four Thirds is NOT dead!

7日より仕事が始まり、会社でお参りに行ったり簡単な新年会をしたのも束の間、早速出張中です。

そんななか、酔ってホテルでネットを見ていたら、久しぶりにカメラ関係でびっくりするニュースがありました。
なんと、CES(Consumer Electronics Show) 2019でシャープが8Kマイクロフォーサーズ(マウント)カメラを発表していたんです。

シャープ謹製?マイクロフォーサーズ8Kカメラ!

www.43rumors.com

 


FIRST 8K AFFORDABLE CAMERA!!! CES 2019

まさか、シャープからM43のカメラが出てくるとは思ってもいませんでしたし、それも初の現実的価格(50万円以下って、そうかな?)8K動画対応民生機になりそうな製品がM43で実現される、というのが驚きです!

LUMIXのフルサイズ機やOLYMPUSの新型等がこれから春にかけ賑わしてくれるのでしょうけど、このSHARPの新型機は、ある意味M43横綱2社が昨年末から提供している話題並(若しくはそれ以上)に新鮮な驚きを与えてくれました。

Panasonicは難しいと言っちゃってた・・・

以前、43 rumorsにこんな記事がありました。

www.l-rumors.com

2) There are some physical limitations with MFT that Panasonic wants to overcome with Full Frame. Panasonic had no doubt that theyr would arrive in full format one day or another, because technically speaking the 8K on Micro 4/3 is complicated, if not impossible.
(前略)マイクロフォーサーズで8Kをやるのは、仮に不可能で無いとしても、技術的にすごく困難(複雑)なの。

 

 ・・・って、シャープやってまうやん! どうすんのパナソニック?という状況です。

まぁ、まだSHARPのカメラについて具体的なことは言えないのですが…。

しかし、フルサイズを発表したPanasonicからのコメントに「マイクロフォーサーズではXXXXX」とM43に対しネガティブに捉えられる発言も散見されるのにはちょっと残念な気持ちだったので、良いカウンターになったんじゃないかと思います。

M43で3,000万画素の時代に?

シャープの製品はファインダーもなさそうですし、カメラというよりはビデオCAMという感じに見えるので、個人的には購入意欲はソソられません。でも、M43フォーマットに新しいプレーヤーが増えることは良いことだと思いますし(それがM43の強みだし)、それこそ「家電屋」と言われたパナソニックが非常に操作性に優れた良いカメラをつくるかの如く、新しいプレーヤーが新しい視点で開発したM43機器・技術がまだ出てくることは非常に嬉しいと思います。

なんてったって、8Kということは3,000万画素以上になりますからね。
色々と詳しい情報が出てきたら、色々と議論を呼びそうなSHARPの新カメラ。また一つ楽しみが増えました。

 

"Stay Tuned!”

 

 

(つづく)