あかりぱぱの徒然なるままに

トイプードル「あかり」ちゃんのお父さんの日記。家族旅行や、散歩・ジョギング・ランニング、カメラなどについて徒然なるままに記しています。

カメラ雑感:LUMIXはファームウェアアップデートでカメラに新しい機能を追加するだろうか? ・・・新たに始まった令和の月初に、あかりちゃんが退屈そうに寝ているその横で考える。

令和が始まった。

昨日、5月1日から元号が令和に変わりました。

天気予報で分かっていた話ではありますが、すっきりしない天気が続いていました。


あかりちゃんも、超退屈そう。昨日もお留守番だったし・・・。
今日はいい天気だから、後でお散歩行こうね。

 


一昨日(4月30日)は雨だったので、買い物に横浜へ出かけました。そこでかにチャーハンの店-横浜店(JOINUS DINING) でお昼を食べました。

 


かに玉あんかけチャーハン?と、

 


かに味噌肉チャーハン?だったかな、を食べました。美味しかったです。

 


私たちが入店したときは、結構席が空いていて「アレ、あんまり人気のナイ店なのかな? でもとりあえず手っ取り早くお昼を食べたいから丁度いいや。」と思って入ったのですが、入店後しばらくすると店の前に折り返しの行列が出来ていました。

やっぱり、人が人を呼ぶと言いますか、お店の中に人がたくさんいると「美味しい店なのかな?」と皆思うのでしょう、お昼時ということも手伝ってか、すごい人が。まるで超人気店。

同じ店なのですが、私が入るときと出た時では、お店のイメージが全然違って見えました。然様に人とは本質と関係ないところで物事を判断しているのかもしれません(というか、事前情報なしに飲食店に入るときはもう雰囲気と人が入っているとかでしか良し悪しは想像できないんでしょうけど)。

 

カメラ雑感

そんななか、まったく関係ありませんが、LUMIXからG8の後継機がG99という名称で発表されました。日本でもとうとう二桁表記になるんですね。G8は海外ではG80/G85と呼ばれていました。

panasonic.jp

ただ、今回のG99、海外ではG90/G95と言われるみたいです。

www.dpreview.com

 

素人的には、これをきっかけに呼称を統一すれば良いのに・・・、なんて思うのですが、どういう意図で使い分けがなされているのか、不思議ですね。

そんなG99の新機能に、『ライブビューコンポジット』という機能が加わりました(詳細は下のリンクをご覧ください)。

panasonic.jp

 

おそらく、同じくM43フォーマットのオリンパスのカメラでは以前より採用されていた「ライブコンポジット」と同じような機能だと思われます。LUMIX機ではだいぶ遅れての実装となりましたね。この機能、E-M5で使ったことがありますがやっぱり便利だし、「楽しい」機能なので、ぜひLUMIX機でも使えるようになればなぁ、と思っていました。

 

問題は、果たしてPanasonicが、ファームウェアアップデート等で、既に発売された機種にこの機能を追加してくるかどうか、という点です。

オリンパスなんかは、結構大型のファームウェアアップデートを行い、発売後の機種でも新しい機能が使えるようになる、大幅に向上する、などの改善が行われます。

これは正直、ユーザーとしては嬉しいところ。

 

 

 一方、Panasonicの場合はあまりファームウェアのバージョンアップを行いません。商品を売ってしまえばホッタラカシ、という印象を受けていました。新製品の発売サイクルがオリンパスより短いPanasonicは、古い機種はアップデートせずに、新商品に新たな機能をつけて文字通り「目新しさ」を出したいのでしょうが、やっぱりオリンパスとかと比べてしまうと、何だか塩対応という感じ。

 

 ユーザーにとって(すでにスマホでキレイな写真が撮れる昨今において)カメラを買うというのは、安からずの出費を伴っている訳でして、そうやって買ったカメラを簡単に買い替えることは出来ません(しちゃっているケド・・・)。購入から一年、二年と経ったカメラも、我々ユーザーにとっては大切なカメラです。それをホッタラカシにされるというのは、心寂しいもの。

 

 

 ファームウェアアップデートで、製品に新しい機能が追加されれば、ユーザーにとっては嬉しいことですし、一方メーカーにとっても発売から時間のたった商品を「今も現役」感をだして、鮮度の良い商品の様に売れるからメリットもあると思うのですが・・・。実際、最近後継機のうわさが出てきて少し鮮度が落ちてるOM-D E-M5MK2ですが、頻繁なアップデートが行われ今でも現役機種として売れている・売られている訳でして、同じ1600万画素のLUMIX GX7MK2(コレ良いカメラなんですが)とはイメージが違うと思います。GFシリーズなんて頻繁に新商品が出ますが、中身はたいして変わっていない(様に思える)。あえて新商品として出す為に、ボディデザインも都度変わる訳ですが、ボディの金型買えるだけでもそこそこお金かかるでしょうに・・・。

 

私はLUMIXユーザーですが、パナソニックのこういうスタンスや、ギャラリーを持たなかったりと写真文化そのものへ貢献するという態度があまりなかったのが、家電屋のカメラ等と揶揄される一因では無いかと考えていました(まぁ私は写真文化を語れる様な資格のナイ素人スナップシューターですが・・・)。

 

しかしながら、最近はLUMIXはFull Frameのカメラを発売し、PROサービスを開始し、銀座にギャラリーを開設し、とカメラという商品の販売以外にも、色々と活動を行ってきているという印象が出てきました。カメラを買った後、「撮って」「写真をみる」というところにもフォーカスを当ててきたのかなぁ、と。

 

そんな変化を感じながら、G99が搭載した新しい機能「ライブビューコンポジット」をみるにつけ、この機能がG9やGH5にもファームウェアアップデートで追加されるのか、非常に興味があります。GX7MK3には4KPHOTOを使った「軌跡合成」機能が搭載されましたが、これもまだファームウェアアップデートで他機種に展開されたという記憶はないので、ライブビューコンポジットもファームアップでは提供されないかもしれません。オリンパスだったら、絶対ファームで対応してくれると思うんですけどね…。

 

ルフレームの新商品を出し、M43の新機種もまだ出してくるPanasonic。今後、販売した商品をどう扱うかが、既存のユーザーからの評価に大きく影響すると思うのですが、さぁ、今後どの様な対応をされるのでしょうか。

 

1ユーザーとして非常に興味がある、今後のPanasonicの動向。

 

プロサービスの対象となっているGH5やG9ぐらいは、せめて定期的にメンテナンス(ファームアップ)してくれても良いかと思うのですが、どうなるんでしょうね。

 

あかりは興味がない。

・・・なんて書いていると、あかりちゃんは体をよじらせて・・・


へそ天で寝てしまいました。

 

 さぁ、今日はお外にお出かけしようね!

 

 

(つづく)