あかりぱぱの徒然なるままに

トイプードル「あかり」ちゃんのお父さんの日記。家族旅行や、散歩・ジョギング・ランニング、カメラなどについて徒然なるままに記しています。

STAY HOME

LR-1110268

(こんな家だと、STAY HOMEしたくありませんね・・・)

 

写真とは関係ありませんが・・・。

 

本質とは全く関係ない素朴な疑問ですが、なぜ「STAY HOME」って言うんですかね。

「自宅待機」ではダメなんでしょうか。

 

一緒に仕事をしている、60歳を超える先輩は「犬に『ハウスッ』って言うみたいに (自分に)言われている様に思えて、何か嫌やわ。」と言っていました。

 

ま、そんな風に思ってる人は結構少ないと思いますけどね(笑)。

 

「STAY HOME」

英語の響きが まだまだカッコいいと感じるってことでしょうか。確かに、英語にするだけでキャッチフレーズっぽくなりますもんね。

 

でも、日本語でも何かキャッチフレーズっぽくは出来ないものでしょうか。

「懐かしのメロディ」を「懐メロ」と略するようなセンスのある日本語で・・・

 

 

「自宅で過ごしてください、つまり『自過(ジスゴ)』です。これからは、皆『ジスゴ』でお願いします。」

 

 

「お家に居てください。『 家 居て』、これからは『家居(イエイ)』、イェイっ!で頑張りましょう!」

 

 

「出来るだけ外に出ない様、自宅待機をお願いします。自宅待機、そう、『自待(ジタイ)』です。辞退はしないでください、是非みなさんもジタイしましょう。

あなたはジタイで命を守りますか? それともジタイを辞退して皆を危険にさらしますか?

大切な人を危険にさらさない為に、ジタイしましょう!」

 

 

 

・・・やっぱ「STAY HOME」でいいかな。

先輩、我慢してね。

 

 

 

(つづく)